ハウスメーカー選び

積水ハウスvsミサワホーム 徹底比較してみた

わが家は積水ハウスの鉄骨イズロイエの一戸建てを新築しました。

積水ハウスと契約するまでたくさんのハウスメーカーを見て回り、3社から見積もりをもらいました。そのうちのひとつがミサワホーム。

ミサワホームは積水ハウスとは別の魅力あふれるハウスメーカーでした。

今回の記事では積水ハウスミサワホームを徹底的に比較してみました。

 

積水ハウスとミサワホームの家のスペック比較

 

わが家は見積もりをもらうにあたり、できる限り同じ条件を提示しました。

以下、両者に提示した条件です。

  • 40坪程度
  • 2階
  • ZEH対応
  • 蓄電池
  • 床暖房
  • 太陽光
  • 玄関スマートキー
  • トイレ:ネオレスト
  • お風呂:TOTOサザナ

 

結果、提示されたプランを表にしました。赤字は大きく違った部分です。

積水ハウスミサワホーム
坪数41坪42坪
構造鉄骨造木質パネル工法
天井高27403500
外壁ダインコンクリートタイルと吹付け
断熱材グラスウール70ミリ×16キログラスウール100ミリ×24キロ
サッシアルミ樹脂複層Low-e複層アルミ樹脂複層Low-e複層
防犯ガラス1階はすべて防犯ガラス防犯ガラスではない
電動シャッターありあり
朝日ウッドテック朝日ウッドテック
キッチンリクシルクリナップ
割引前価格48,073,08042,563,000
坪単価117万円102万円

 

ミサワホームの方が坪単価が15万円安い

 

積水ハウスとミサワホームは坪単価に15万円も差があります。

できる限り同じ条件にして見積もりをもらったつもりですが、断然ミサワホームの方が金額が安かったです。

積水ハウスの方がハウスメーカーとしてのブランドイメージが高級路線、ミサワホームは庶民派路線といった感じ。

ユウリ
ユウリ
かといって、ミサワホームの家のスペックが低いかと言ったらそうではありません。ミサワホームって実はかなりコスパの良いハウスメーカーなんですよ。

 

積水ハウスの鉄骨vsミサワホームの木質パネル

 

積水ハウスは鉄骨と木造の両方を扱っています。鉄骨で有名なのはイズシリーズ、木造はシャーウッドです。わが家は鉄骨のイズロイエを採用しています。

ミサワホームは木造のみ。独自の木質パネル工法を採用しています。

なので、積水ハウスの鉄骨VSミサワホームの木質パネル工法を比較することになりました。

このふたつの工法は全く特徴が違いますね。

  • 価格
  • 断熱性
  • 間取り

に大きな違いが出てきます。

 

断熱性はミサワホームが上

 

断熱性はミサワホームの方が上だと思いました。

  • グラスウールの厚み:積水70ミリ<ミサワ100ミリ
  • グラスウールの量:積水16キロ<ミサワ20キロ
  • サッシはアルミ樹脂複層Low-e

サッシはどちらも高性能なアルミ樹脂複層Low-eを使用しているものの、グラスウール(断熱材)の厚みも量もミサワが上でした。

ミサワホームの木質パネル工法って、かなり断熱性が高いと思います。

写真で見る限り隙間がなさそう。南極基地にミサワホームがつくった家があるという宣伝も納得できる。それほど断熱性に力を入れているハウスメーカーだと思いました。

ユウリ
ユウリ
ミサワホームの断熱性はすごい!

ミサワホームの蔵のある間取りは超面白い

 

間取りの提案力はミサワホームの方が個性があって面白いと思いました。木質パネル工法が個性的な間取りを実現できるんですね。

スキップフロアを使った2階建てなのに4層構造の家が実現できちゃうんです。

初めてミサワホームの家の間取りを見たときは、わくわくしすぎて大興奮してしまったほど。わが家が提案していただいた間取りはこちらの記事で読めます。

ミサワホームの蔵のある家。間取りのメリット、デメリットを考えてみたわが家が人生で初めて訪れた住宅展示場はミサワホームでした。 初めて入ったミサワホームの展示場、蔵のある家。それはそれはステキで、感...

 

それに対する積水ハウスは家事動線を考えたシンプルな間取りでした。わが家が積水ハウスに考えていただいた間取りはこちらの記事から読めます。

積水ハウス イズロイエ40坪の間取りを公開!半年間かけて納得できる間取りが完成しました2017年7月に積水ハウスと契約し、2018年1月に着工しました。 これまで他メーカーの話ばかりでしたが、ついに積水ハウスのお話を...

 

ユウリ
ユウリ
ミサワホームの家の蔵のある家はすごく楽しい間取りです!

 

天井高はミサワホームの方が高くできる

 

天井の高さはミサワホームの圧勝でした。

ミサワホームは吹き抜け並みの高さを実現できます。

  • 積水ハウス 2740㎝
  • ミサワホーム  3500㎝

 

ミサワホームはスキップフロアを使った1.5階を設けることによって、最大3.5mまで1階の天井を高くすることができます。

コウ
コウ
天井高3.5mって吹き抜け並みですよね

 

外壁はダインコンクリートの方が高スペック

 

積水ハウスの外壁は有名なダインコンクリート

ミサワホームの外壁はあまり力を入れていないようで、これといったブランディングはしていないようです。わが家はタイルをベースにして、一部を吹付にしてもらうようにお願いしました。

 

ダインコンクリートタイル
特徴重厚感おしゃれ
耐久性30年30年
30年後再塗装135万円375万円

 

耐久性についてはどちらも30年間メンテナンスフリーをうたっていますが、30年後の再塗装の費用に200万円以上の差がでました。

両者からメンテナンスプログラムをもらって比較したところ、ダインコンクリートが135万円、タイルが375万円。

外壁のスペックは積水ハウスのダインコンクリートの方が上だと思いました。

ユウリ
ユウリ
好みの問題もありますが、ダインコンクリートの重厚感がカッコいいと思えたら積水ハウスはいいと思います! 

 

最後に決めてとなったのは実際に住んでからのイメージができるか?

 

ここまで振り返ってみると、積水ハウスよりもミサワホームの方がよかったのでは…?

でも、わが家が選んだのは積水ハウスだったんですよね。

両社から提案していただいた間取りを何時間も眺めていたところ、

コウ
コウ
何十年も長く住み続けたいのは積水ハウスの間取りだな

と思ってしまったんです。

ミサワホームの間取りは確かにわくわくして面白かったのですが、スキップフロアを取り入れることで階段だらけになって長く住むには大変そうに感じてしまいました。

ミサワホームを気に入った理由がスキップフロアを使った面白い間取りだったので、スキップフロアを使わない普通の間取りにするならばミサワホームにする理由はないと思ったんです。

その点、積水ハウスは欠点のないハウスメーカーで、住んだ後の生活がイメージできました。

積水ハウスのすごいところは、個性的ではないけれど王道で欠点がない提案をしてくれるところ。結婚するなら面白い人よりも、欠点がなくて間違いのない人がいいと思ってしまったんですね。

ユウリ
ユウリ
実は新居の隣の家がミサワホームだったので、同じハウスメーカーで建てるのもなぁ…という気持ちもありました(笑)

 

まとめ

 

わが家が積水ハウスと住友林業を勝手に比べた表がこちら。

積水ハウスミサワホーム
価格×
天井高×
外壁引き分け引き分け
断熱性×
間取りの面白さ×
×

 

ミサワホームは価格が安いわりに家のスペックは高く、社員も優しい人が多くて良いハウスメーカーでした。

ハウスメーカー選びの参考になれば幸いです。

こちらの記事は以上で終わりです。

記事についてはリンクリーなので、ほかのブログなどで紹介してもらえると嬉しいです。

また、意見や質問がありましたらコメント欄に気軽に書き込んでくださいね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。