公認会計士

公認会計士の妻は見た!結婚生活ってどんな感じ?会計士と結婚する方法教えます。

こんにちは、ユウリです。

私の夫は公認会計士なのですが、職場の女の子(23歳)からこう言われたらしいです。

「〇〇さんが独身だったら、私絶対にねらってます~」

まぁ、かなりヨイショが入ってるとは思いますが…

公認会計士はエリートでお金持ってるイメージがあるためか、合コンとかで女子にモテるらしいんですよ。

そうなんだぁ…へ~…

それなら、「公認会計士との結婚ってどうよ?」ってことを妻目線でぶっちゃけていこうじゃないの。

公認会計士とはどんな資格?ざっくり説明

そもそも、公認会計士とはどんな資格か説明しますね。

公認会計士は、医者、弁護士と並ぶ難関資格と言われています。おもに企業の財務諸表が適正化どうか監査をしますが、コンサルティング、税務、経理なども行う会計に関するプロフェッショナルです。公認会計士試験の難易度が知りたい人はこちらの記事を見てね。

https://lifeworkshare.com/entry/kaikeisi-nanido/

間違いなくアホではなれません。頭はいいと思います。

「公認会計士と結婚した~い」と思う女子は、なにが気になるのだろう?

年収、学歴、性格、専業主婦になれるのか、家事に協力的かどうか、あたりかな?

では、それぞれ見ていこー!ソースはうちの夫!ノロケが含まれるので注意してね!

公認会計士の年収

公認会計士試験の合格者の多くは、最初は大手の監査法人に就職します。

監査法人のお給料は高めです。うちの夫の初年度の年収は約500万円でした。2年目の年収は570万円、3年目は650万円です。

監査法人の給与は昇格すればガンガン上がります。夫によれば、このくらいだそうです。

① スタッフ(3年)500~700万円

② シニア(4年)700~900万円

③ マネージャー(3年)900~1100万円

④ シニアマネージャー(3年)1100~1200万円

⑤ パートナー 1400~4000万円???

(  )の数字は最短で昇格した場合

20代のうちは500~900万円、順調に出世すれば1000万円超、登りつめれば年収4000万円も夢じゃないとか。

ただ、パートナーまで登りつめるのは激務に耐えて勝ち残ったごく限られた人だけで、多くの人はその前に別の会社に転職してしまうそうです。

うちの夫は監査法人を退職し、会計事務所で働いていますが、30代前半で年収700万円くらいです。会計士の年収もピンキリです。

 

公認会計士の学歴

大手監査法人に勤める人の学歴は、いちばん多いのが慶応、つづいて早稲田。早慶がめちゃくちゃ多いらしいです。そのつぎは、中央、明治あたり。東大、一橋も少し。

昔は東大、一橋卒が多かったようですが、2006年あたりに国が試験の合格者を増やした結果、試験に合格しても監査法人に就職できない若者が大量に発生しました。

「すっごい難しい試験を突破しても、就職できないんじゃ元が取れないわ」と考える学生が多くなり、学歴のレベルは下がっているそうです。

 

公認会計士の性格

公認会計士にもいろいろな人がいるので、一概には言えませんが、偉そうで性格が悪い人はあまりいないとのこと。

会計士ママさんのブログにこの記事がズバリ書いてくれてます。

超モテで困っちゃう【Aランクの】男性公認会計士と結婚する方法について。: 会計士ママのお金の使い方

会計士ママさんによれば、会計士には7つの要素があるそうです。

1.高収入

2.転職が容易

3.高学歴

4.監査法人のパートナーになれば、高額退職金

5.監査法人のパートナーになれば、死ぬまでもらえるの高額年金

6.とにかくお坊ちゃん比率が高い

7.お金の知識に強そう

うちの夫もだいたい当てはまってるなぁ(笑)特にうなずいてしまったのがこちら。

公認会計士は、お育ちが良い方がとにかく多いです。

これは、2次試験が難関で、受験生時代は実家の支援が欠かせないことと、「勉強が出来る子供」の経歴が、私立中高一貫や難関大学出身と関係があり、教育費にお金をかけてこないとなかなか取れない資格、ということが考えられます。

そうそう、公認会計士業界は、お坊ちゃん・お嬢さんが多い!

夫の話によれば、ハイブランドのスーツを着てくる人がいたり、都内の一等地のマンションに住んでいたり、お金持ちエピソードが多いとか。

うちの夫も例にもれず、都内の私立中高一貫校から都内の難関大学を卒業したお坊ちゃんです。お育ちが良くてガツガツしていないですね。

あとは、お金の知識に強く、お金が大好き。商学部卒ですし。投資とか株も好きだし、家計簿も細かくつけてくれるし、お坊ちゃんでも浪費家ではなく、とても堅実。服はユニクロね。

公認会計士の奥さんは専業主婦が多いの?

夫に聞いてみたところ、奥さんが専業主婦な人はあまりいないとのこと。

「公認会計士と結婚して専業主婦になろ~♪」と考えているのであれば、やめとけと言いたい。

公認会計士は所詮サラリーマンなので、VERY的なセレブ奥様生活はできないです。私自身もフルタイムで働いてますから。

独立開業して成功した公認会計士はものすごく稼げるんでしょうが、そんな人はごく少数ですしね。高収入を目指すならば、忙しくてほとんど家に帰って来なくて、孤独な専業主婦になる恐れもありますよ。

VERY奥様になるならば、開業医かパイロットあたりじゃないと。

ちなみに、夫の弟は大手航空会社のパイロットですが、入社数年目で夫の倍のお給料をもらってます。奥様は元CAの専業主婦です。VERY的奥様になりたければ、そちらのコースの方がおすすめ。

 

家事に協力的か?

これはかなり個人差があるかと思いますが、うちの夫はフェミニストで家事と育児にはかなり協力的です。子どももパパのことが大好きです。

が、監査法人に勤めている間は激務すぎて、家事や育児に割いている時間が全くなかったです!

繁忙期の平日は毎日終電帰り、土日出勤当たり前でしたし、忙しくないときでも定時に帰って来れる日は週に1回あるかないかでした。当然、子どもは寝ていましたし、私も寝てました(笑)

監査法人に勤める公認会計士は超忙しいので、平日母子家庭状態になります!どれだけお金がもらえても、この社畜生活は幸せではありませんでした…

会計事務所に転職してからは週に2~3日は夜の7時に帰ってくれるようになったので満足してますけどね。

 

公認会計士と結婚するにはどうしたらいい?

私と夫の出会いを語らせてもらいましょう。

夫とは大学が同じ友だちだったのですが、大学を卒業後に二人で遊ぶようになり、付き合いが始まりました。

付き合い始めた頃、夫はただの公務員でした。安月給で全然モテている様子もなく、夫に関心に持っていたのは私だけでした(笑)

最初から「公認会計士と結婚したい!」とねらったわけではないです。

夫は公務員3年目、とつぜん「公務員やめて公認会計士になる!」と言い出して退職。それから2年半は無職の状態で勉強していました。

そのときの私の年齢は25歳。周りの友だちはどんどん結婚していくのに、彼氏が試験勉強中で結婚できない。このまま待っていても結婚できるかどうか分からない…と、悶々と過ごしてました。

周りの人たちからも「結婚しないの?」とせかされたり、後輩から「結婚焦らないんですか?」と聞かれたり、当時はイヤな思いもしました。

結局は、勉強を始めてから2年半で合格し、すぐに監査法人に就職が決まり、その勢いでプロポーズをしてもらいました。結婚したのは28歳のときでした。

夫に「公認会計士ってどんな人と結婚してるのー?」と聞いてみたら、だいたいこの4パターンだそうです。

  1. 同じ大学
  2. 会計士同士
  3. 前職がある人は職場が同じだった人
  4. 合コンなど

20代の男性はほとんど独身で合コンに行っているらしいので、どこかで出会うかも。でも、合コンに来る人は結婚まで持っていくのはハードルが高そう。

いちばん手っ取り早いのは、自分が難関大学に入って、大学時代につかまえることかな。公認会計士は大手監査法人に就職するとモテ始めるので、その前の「芽」の段階で摘刈り取るのが一番かと。

社会人女性が「公認会計士と結婚したい!」と思い立ったら、結婚相談所が近道かも。医師や弁護士、会計士、薬剤師、秘書、公務員、会社役員などに会員を限定した相談所がいいです。

会員限定。医師、弁護士、CA,秘書など、厳選された会員の中からお相手をご紹介。一流にふさわしい一流の出会いなら、M’sブライダル・エグゼクティブ

大事なことですが、公認会計士のほとんどは東京都に住んでいます。地方に住んでいる若い公認会計士を探すのは雲をつかむより難しいです。公認会計士を探すなら東京で!

公認会計士は転勤がなくずっと東京に住み続けるパターンが多いので、東京から離れたくない方の結婚相手としてはいいと思いますよ!

こちらの記事は以上で終わりです。

記事についてはリンクリーなので、ほかのブログなどで紹介してもらえると嬉しいです。

また、意見や質問がありましたらコメント欄に気軽に書き込んでくださいね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

POSTED COMMENT

  1. 通りすがり より:

    こんにちは。はじめまして。
    私も主人が会計士で、現在保育士試験に向けて勉強中です。(残りニコイチ科目、後期受験します)
    記事を読ませて頂いて感じたのですが、公認会計士といっても勤め先によって年収は大幅に変わります。
    私の主人は以前は監査法人に勤めていましたが、現在は外資コンサルに転職し、給与はかなり上がりました。
    なぜこのようなメールをお送りするかというと、記事を読まれた方が、年収についての見立てを誤解されることがあってはとの懸念からです。
    会計士さんの勤務先は多岐に渡りますので、「会計士の年収」と一括にされるより、「会計士で、監査法人勤務の場合の年収」とされる方がより正確かと思います。
    以上、通りすがりの意見でした。

  2. 通りすがり より:

    後、主人の仕事柄、コンサルとか投資ファンド勤務の会計士の奥さんとお知り合いですが、専業主婦の方が圧倒的に多いです。
    これは、旦那さんの仕事が深夜までになることも珍しくなく、また、収入が1500を超えてくるためかと思われます。
    追記でした。