家づくり

積水ハウス イズロイエ40坪の間取りを公開!半年間かけて納得できる間取りが完成しました

2017年7月に積水ハウスと契約し、2018年1月に着工しました。

これまで他メーカーの話ばかりでしたが、ついに積水ハウスのお話を書くところまでやってきました。

わが家が積水ハウスにした一番の決め手はずばり「提案力」でした。

特に間取り!

私たちが「こうしたい」という漠然とした要望を伝えると、営業マンを通して設計士に話が伝わり、的確にニーズを捉えた間取りを作ってもらえました。

「ここをもう少しこうしたらよくなるかも」という部分が見つかり、結局4回も間取りを変更してもらいました。

しかも、最後は契約後に変更しています。

今回はいちご家が作ってもらった間取りを書き残しておきたいと思います。

1回目の間取り(2017年3月)

2営業マンに要望を伝えて作ってもらった間取りがこちら!

1階

積水ハウス40坪間取り1階

2階

積水ハウス40坪間取り2階

要望

  • 玄関を北側の奥にしたい
  • 玄関はお家の人用とお客様用の2WAYにしたい
  • 1階にリビング、ダイニング、キッチン、風呂、和室を設置
  • 2階に子ども部屋、書斎、寝室を設置
  • リビング階段はNG
  • 1階の天井高を高くしたい
  • とにかく広いリビング希望
  • パントリーを作りたい
  • 外観はサイコロみたいなつまらないものではなく、変化をつけたい
  • 40坪
積水ハウス外観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース

2回目の間取り。シンプルで広々!(2017年4月)

21回目に作ってもらった間取りの修正してほしい点を伝えて、作り直してもらいました。

積水ハウスからの提案で思い切って水回りを2階にして、1階のリビングを広く取っています。

1階

積水ハウス40坪1階間取り

2階

積水ハウス40坪2階間取り

修正した点

  • 和室の入口を広くする
  • ダイニングを広くする
  • 書斎と寝室の間に間仕切りが欲しい
  • 2階の寝室はもう少し狭くする
  • 玄関が狭い
  • 玄関を開けて正面に壁を見せたい
  • 2階の廊下が広い
  • サンルームはいらない
  • 1階にスタディスペースを作りたい
積水ハウス外観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース



3回目の間取り変更。L字型のリビング・ダイニングでおしゃれ度アップ!(2017年7月)

2回目の間取りはシンプルでとても気に入っていたのですが、何点か不安な部分が出てきました。

2017年7月、再度修正してほしい点を伝えて作ってもらった間取りがこちら。

1階

積水ハウス40坪1階間取り

2階

積水ハウス40坪2階間取り

要望

  • ダイニングテーブルはキッチンの前ではなく、キッチンの横に置けるようにしたい
  • お風呂と洗面所は1階にしたい
  • 玄関は北側に見えるようにしたい
  • 北側の窓の位置を整えたい

この間取りが決め手となり、積水ハウスと契約することにしました。

積水ハウス外観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース 積水ハウス内観パース

4回目の間取り変更:シンプルで広々に戻す!(2017年9月)

最後の間取り変更は契約後でした。3回目の間取りがかなり気に入っていて、もうこれ以上はないと思っていたのですが…

きっかけは2017年9月の積水ハウスの完成見学会(すまいの参観日)。3回目の間取りと似ているお家に連れて行ってもらったところ、妻が「イメージと違う!」と言い出し、間取りを大きく見直すことに。

変えてもらったのはリビング・ダイニングの形です。前の間取りはリビングとダイニングがL字型になっていましたが、 より開放感のあるリビングダイニングにするため、I字型に変更しました。

夫は3回目の間取りが気に入っていたので変更はしたくない、妻はどうしても変更がしたいと意見が割れてしまいました。

夫婦ふたりで間取りの話をしていると、意見が合わず喧嘩になってしまうほど。このときは家庭内の雰囲気が険悪で、どうなることかと思いました。

ここは設計士さんが間に入ってくれ、ふたりが納得できるような間取りを考えてくれました。完成版です!

1階

積水ハウス40坪1階間取り

2階

積水ハウス40坪2階間取り

こちらの間取りの外観はお家が特定されてしまう恐れがあるため、公開しないこととします。

f:id:mamu311:20180220171641j:image f:id:mamu311:20180220171703j:image f:id:mamu311:20180220171715j:image

<この間取りにした決め手>

  • リビングの大開口の窓と庇が良かった。まさにスローリビング!
  • リビングとダイニングが正方形に近くなり、空間が広く感じられそう
  • 収納が増えた(パントリー、土間収納、物入れ、納戸、和室の物入れ、WIC)
  • 水回り(洗面所とお風呂)が1階にあり、水回りから2階のベランダまでの動線も良い
  • シンプルイズベスト

 

振り返ってみますと、2017年4月、5月、7月、9月と半年間もかけて間取りを作成したことになります。

ここまで間取りについて徹底的に考えたら後悔はないと思います。とことん付き合ってくださった設計士さんには本当に感謝です!

とはいえ、積水ハウスのような大手ハウスメーカーのお家はやっぱり高いですね。契約前にほかのハウスメーカーや工務店も選択肢に入れて慎重に家づくりを検討してみてください。

地元工務店で建てた友だちの家がうちより1000万円安かった件。次に家を建てるなら大手ハウスメーカーじゃなくて工務店で建てたい最近、地元の友だちが新しく家を建てたという話を聞き、遊びに行ってきました。 友だちの家は大手ハウスメーカーではなく、地元の工務店で...