ハウスメーカー選び

住友林業 間取りと見積もりをもらうために申込金5万円払う価値はあるのか?

いちご家は積水ハウスと契約する前に本気で迷ったメーカーがあります。

それは住友林業

パパの友だちの家が住友林業で、とっても素敵なお家だったのでスッカリ住友林業のファンになりました。

周りの評判を聞いてみても「住友林業のお家はとてもいいよ!でも高くて諦めた」という話ばかり。

住友林業に見積もりをもらって、積水ハウスと比較してどちらかに決めようということになりました。

ところが、住友林業には申込金5万円制度が存在したのです。

敷地調査代として申込金5万円が必要

住友林業のパンフレットより引用

この申込金5万円とは一体何の費用なのか?名目は「敷地調査代」です。

いちご家は土地をすでに持っているので、その土地の地盤などの調査が必要だというのです。

5万円を支払ってやってもらえることは

  1. 敷地調査
  2. 間取り作成
  3. 見積もり作成

住友林業は敷地調査をしなければ正式な間取りを作成してくれません。

つまり、間取りと見積もりを作ってほしければ申込金5万円は必ず支払う必要があるってことなんです。

住友林業と契約すれば5万円は家代に充当されますが、契約しなければ5万円は返って来ません。

他社は無料で間取りと見積もりを作成してくれる

ちなみに、他社はどうしているのでしょうか。少なくとも積水ハウスとミサワホームは契約を決める前にお金を払うことは一切なかったです。

積水ハウス

  • 敷地調査は無料で間取り作成の前にやってくれました
  • 契約前に無料で間取りを5~6回作ってもらいました
  • もちろん見積もりも無料です
  • 敷地調査代としては費用を請求されません(その分価格が水増しされてる?)

ミサワホーム

  • 敷地調査をする前に間取りを作ってくれます
  • 契約前に無料で間取りを2回作ってもらいました
  • もちろん見積もりも無料です
  • ミサワホームと契約すると決めたら敷地調査代として10万円払います

何も知らなければ「プランを作ってもらうのに5万円払わなきゃいけないんだ」と思ってしまいますよね。でも申込金制度って住友林業独自の制度なんですよ。

住友林業が敷地調査は有料なのに家の価格も高いのは疑問

とはいえ敷地調査代を無料でやっているハウスメーカーがいいメーカーとは言えません。

敷地調査にかかったコストは誰が負担しているのかといえば、家を買った消費者にほかなりません!

積水ハウスの家を買った人が、買わなかった人の敷地調査の費用まで払ってあげてるというだけのことなんですから。

家の価格を明瞭化するためにも敷地調査は有料化するべきという意見もあるんです。

じゃあ、住友林業は敷地調査代が有料なのでその分家の価格が抑えられるはずですよね?

住友林業は家の価格も高いんですよ!相見積もりを取った結果、積水ハウスよりも住友林業の方が高かったですから…

となれば、なぜ住友林業だけ敷地調査代として5万円を請求するのか?5万円を払わなければ間取りも作ってもらえないのかは疑問です。

敷地調査の内容は詳細だけど間取り作成前に行わなければならない理由は不明

5万円払ってやってもらった敷地調査は、積水ハウスに無料でやってもらったものよりも詳細な内容でした。

  • 隣の家との境界チェック
  • 道路幅のチェック
  • 地盤のチェック
  • 水道、ガス、電気の設備のチェックetc

報告書の厚みは積水ハウスの倍ありますね!

でもね。

間取りを作ってもらうためにここまで詳細な敷地調査をする必要性があるのかな?

土地には今もアパートが建っており、住宅を建てるには問題なさそうに思えます。

ミサワホームは敷地調査をしなくても間取りと見積もりを作ってくれましたし。

とりあえず間取りを作ってもらって、契約することに決めた後、料金を支払って敷地調査をやればいいのでは?

現にミサワホームはそうしてますし、それがいちばん良心的だと思います。

住友林業に間取りを作ってもらうために5万円払う価値があるのか?

いちご家は最後は積水ハウスを選んで住友林業とは契約しなかったので、5万円は返ってきませんでした(泣)

でも、5万円は決して無駄ではなかったと思ってます。

なぜなら、提示していただいたプランがとても良かったから!

いちご家は積水ハウスからもプランをもらったので、2社の間取りと外観パースを並べて徹底的に比べてみました。

そうすることで、積水ハウスにはなくて住友林業にはあるいいところが見えてきたんですね。

たとえば窓の配置なんかそう。積水ハウスは窓の配置がバラバラなのに、住友林業の窓の位置は均等に美しく並んでいました。

積水ハウスには「住友林業のパースを見たら窓がきれいに並んでいたので、そのように直してほしい」と言って、外観も美しく整えてもらいました。

住友林業からプランをもらっていなければ気づかなかったポイントが他にもいろいろありました。

つまり、住友林業からプランをもらったおかげで積水ハウスで建てるお家がもっと良くなっちゃったんですね!

契約前に申込金5万円を取る意味は納得できかねるし、モヤモヤする部分もあったのですが、家の見る目を養うために必要な5万円だったのかなと思ってます。

「家の見る目を養うためとはいえ5万円もかけたくないよ」という場合はタウンライフ無料見積もりサイトなどでネットから無料で見積もりを請求できるハウスメーカーを調べてみるのも手だと思います。

さて、住友林業から実際にもらった間取りと見積もりはどうだったのか?こちらの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

住友林業は高い?40坪2階建の概算見積もりを公開!「住友林業で家を建てたかったけど、高くて諦めた!」 周りの友だちの間でそんな声をたくさん聞きます。 いちご家は、積水ハウス、...