家づくり

朝日ウッドテックライブナチュラルプレミアム(無垢挽き板フローリング) ルンバがガンガン使えておすすめです

わが家は積水ハウスで家を建てました。

その前に迷っていたのが住友林業でした。

友だちのお家に招待されて、無垢材をつかった床に魅了されたことがきっかけ。

それ以来、床は絶対に無垢材を使いたいと思っていました。

家を建てた今、床に使っているのは朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムシリーズの無垢挽き板です。

積水ハウスで無垢材の床を使いたい!

積水ハウスの床材のグレードは4つありました。

  • ハイグレード
  • デラックスグレード
  • スタンダードグレード
  • エコノミーグレード

わが家が選んだ「無垢挽き板フローリング」はハイグレードに含まれます。

積水ハウスは床暖房を推奨しているため、床暖房対応の無垢挽き板フローリングをめっちゃ押してきます。

積水ハウスは朝日ウッドテックと提携していて、定価よりも安い価格で購入できるようになっています。

というわけで、積水ハウスで家を建てる人は必然的に朝日ウッドテックの無垢挽き板、商品名はライブナチュラルプレミアムシリーズを選ぶことになります。

無垢挽き板とは

朝日ウッドテックのホームページより。

混じり気のないピュアな天然木「無垢材」を厚さ2㎜に鋸で挽いた「挽き板」に加工し、表面化粧材として使用した、
Live Natural Premiumで創造する新しい床材カテゴリー「無垢材挽き板化粧フロア」のシリーズです。

とあります。

無垢材とは一枚板なのですが、挽き板は無垢材を表面の2ミリだけ挽いてるだけ。だらから「挽き板」なのです。

無垢材を表面に貼っただけなので、床暖房を使うことも可能。でも、見た目は無垢と変わりない。

というのが挽き板のメリットなのです。

朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムの使用感

見た目は無垢と変わらない

見た目は無垢と変わらないと思います。

1階のリビングのオーク床

 

2階寝室のラスティックウォルナット

2階廊下のラスティックオーク

意外と傷つきやすくないからルンバもガンガン使える

表面は無垢なので傷つきやすいのではないかと心配していたのですが、思ったより傷つきにくいです。

わが家には4歳になる男の子がいますが、今のところほとんど傷ついてないです。

車のオモチャを乗り回しても全然オッケー。

ルンバもガンガン使ってます。

ルンバって無垢材にも全く問題なく使えますよ。

わが家で使っているのはルンバ870ですが、こんなにたくさんのほこりを集めてくれます。

前に住んでいたアパートの安いツルツルのフローリングの方がよっぽど傷がつきやすかったですね。息子がトミカのミニカーを落としてボロボロにしてしまった記憶…

髪の毛が目立たない

髪の毛が落ちていてもほとんど見えないです。

前のアパートのフローリングは同じオーク色だったのですが、 髪の毛が落ちているとかなり目立ってました。

髪の毛が目立たないとホントに楽。

ルンバでお掃除するとたくさんの髪の毛を吸い込んでるので、びっくりです。

朝日ウッドテックライブナチュラルプレミアムのお値段は?

積水ハウスは朝日ウッドテックと提携しているので、定価より安く買えます。

どれくらい安いのか?

わが家では3種類の床を採用しているので、定価と比べてみます。

【オーク N-45° 2Pタイプ】

14,300円/㎡(定価¥25,070/㎡)10,770円オフ‼

【ラスティックオーク 】

11,900円/㎡(定価¥21,310/㎡)9,410円オフ‼

【ラスティックウォルナット】

11,900円/㎡(定価¥24,190/㎡)12,290円オフ‼

だいたい㎡あたり1万円オフになるんですよ!

わが家の場合、無垢挽き板の床材のお値段はトータル1,225,630円でした

定価なら200万円にかかる計算なので、かなりお得だったのかなと思います。

新宿に朝日ウッドテックのショールームがあるので、ぜひ行ってみてくださいね!