子育て・共働き

ワンオペ育児はストレスが半端ない件。仕事の方がずっと楽なんですけど!

こんにちは、ユウリです。

2年8カ月の育児休業期間を経て、仕事復帰を果たして一週間。

長い期間会社を休むため、同僚のワーママからは「子育てより、保育園に預けて働いた方が楽だよ~!」と忠告をされていたのですが。

始まる前は「いやいや!子どもと遊んでるだけでいいなら絶対に仕事よりは楽だから!」と思っていたんですよ。

まぁ、芸能人のママタレとか見ると、キラキラしていて楽しそうじゃない?

私、間違ってた。子育て、冗談抜きで大変だった。

ワンオペ育児は肉体的にも精神的にも消耗する

我が家は祖父母が近くに住んでいません。夫の帰りも遅いので、平日は私がひとりで息子(2歳)の相手をしていました。

いわゆる「ワンオペ育児」というやつです。

いや~、2歳過ぎてからはめちゃくちゃキツかった!ほんっとに親の思い通りに動いてくれなくて。

思い出すと泣けて来る…!

2歳児ワンオペ育児の1日を振り返る

ワンオペ育児の一日は嵐のように始まります。

朝、息子を起こすと「ねんね~(まだ眠い)」と大泣き。やっとの思いで起こしても機嫌が悪くてわめき続ける。

着替えさせようとすると嫌がって暴れて、逃げて走り回る。たかが着替えに15分。

子ども用の食事椅子に座らせると、「アンパンマンパン!ママ!ママーーー!!」と大騒ぎ。

息子は1秒も待てない。アンパンマンのスティックパンを早く出せ!と、パンが出てくるまで大騒ぎし続け、自分の椅子の上に立ち上がり、テーブルによじ登る。

家にいるとテレビやタブレットばかり見たがるので、午前中は子育て支援センターに連れていく。お出かけも大変なことの連続だ。

ひとりで道路の方に歩いて行ってしまい、嫌がって手をつないでくれない。

子育て支援センターでは、ほかの子どもとのオモチャの取り合いが始まる。子ども同士のいざこざを仲裁するのも、ほかのお母さんにかなり気を使う。

息子がプラレールで遊んでいるのをただじっと見ているのも、見ず知らずのお母さんと当たり障りのない話をするのも、本当に疲れる。

1~2時間遊んで帰ろうとすると、「帰るのイヤ!!」と言って、なかなか帰ろうとない。

力づくでかついで帰ろうものなら、エクソシストのような「ギャーーーー!!」という奇声をあげて、全力で大暴れ。まるで私が虐待しているように見えるので、なんとしてでも言葉で説得しなければならない。

「ほら、電車を見にいこうよ」と提案しても、全く無視。しまいには「アンパンマンラムネあげる」と物でつる始末。これも親としていかがなものか。

やっと家に着いてお昼ごはん。息子は好き嫌いが激しく、私が一生懸命作った手料理は一切口にしない。

食べるのは、おにぎり、カレー、マックのポテト、アンパンマンパンくらいなもの。どんなに工夫してもダメ。

お昼を食べ終わったらお昼寝してくれるので休憩できるものの、たまにお昼寝をしてくれないときもある。自分時間がほとんど作れず、精神的にも肉体的にも相当応える。

いちばん疲れるのが、お風呂。息子はお風呂が嫌いで、なかなかお風呂に入ってくれない。お風呂に入るまでに30分頼み込んだことも。

歯磨きも嫌がって毎日大泣き。羽交い絞めにして何とか磨いていますが。

夜の9時頃にはベッドに寝かせるが、寝付くのに1時間かかるので、10時頃までは添い寝していなければならない。ひとりになれるのは夜の10時過ぎ。

朝から晩まで一人で2歳児の子どもの相手をすると、本当にヘトヘトになります。

子育ては自分の努力で最適化されない

子育ての大変さは、実際にやってみなければわからないと痛感しました。見てるのと、やってみるのは全然違う。

なにが辛いかって、自分の努力で最適化されないこと。

子育ては、自分の努力がすべて水の泡になると言っても過言ではないです。

毎日、息子が癇癪を起さないよう、前もって計算して1日のスケジュールを組んでいましたが、計画通りに行かないのが育児です。

子育て支援センターで遊ぶのが楽しくなってなかなか帰ろうとせず、疲れて車の中で寝てしまい、お昼寝をしなくなってしまったり。

「お昼寝しなかった」たったそれだけのことで、すべての計画が狂って、あとあと愚図りがひどくなり、大騒ぎになるのです。

平常パターンのときでも1日に修羅場が何度もあるのに、2歳児健康診査などのイレギュラー行事があるときはもっと大変。

待ち時間に耐えられず脱走しようとする。廊下の床に大の字に寝転がる。

頑張って作った料理は一切食べないし、思わぬところで息子の逆鱗に触れて大騒ぎになる。

どんなに努力しても全く理想通りの育児なんてできませんでした。

自分の思い通りに事が進むことがまずないので、達成感が全く得られません。これはものすごいストレスでした。

ワンオペ育児の孤独

ワンオペ育児の日々は孤独です。

2歳児とふたりきり。まだ言葉がしゃべれない幼児と二人きりで過ごすのは孤独です。

子育て支援センターに行って、同じ年ごろのお子さんがいるお母さんとお話してみるものの、表面的な会話しか出てきません。

「いくつなんですか?」「トイレトレは始めましたか?」

お互いのバックグラウンドが分からないから、ツッコんだ話は全くできないし、子どもが近くで遊んでいるので気を遣います。

少し気晴らしにはなりましたが、心から楽しめたことはありませんでした。

となると、話し相手は夫のみ。その夫も帰りが遅いとなれば、まともな話し相手は一人もいません。

息子の癇癪がひどくて育児ストレスがピークに達すると、すべての怒りは夫に向かいました。

「あいつはなんで早く帰って来ないんだ!私は一人でこんなに大変な思いをしてんのに!!」

自分の居場所が家庭にしかない。社会の中のどこにもない。ただの主婦でしかない。そのことが、私にとっては本当に辛かったです。

子育ては誰からも評価されない

子育ては「やって当たり前」で、感謝も評価もされません。

お前が望んで産んだんだから、育てるのも当たり前だろ!親なんだから。というばかりに。

褒めてもらいたくて子どもを産んだわけではないけど。親も人間なので、毎日全力で頑張ってるのに、誰からも認めてもらえないのは精神的に削られていきます。

ワーキングマザーはまだマシです。「仕事も、子育ても両方やっていて大変ね」という話になるので。

専業主婦は「家事と育児が仕事なんだから、子育てをするのはやって当たり前」と思われてしまいます。育休中もしかり。

それに対して、仕事は人から感謝してもらえます。

お客さんからは「ありがとうございます」と言ってもらえるし、同僚の仕事を手伝えばありがたがられます。

そして、働いた分だけお給料が振り込まれます。

人に何かを与えれば感謝される。労働の対価が支払われる。そんな当たり前のことが、本当に心に沁みますね。

「子育てより仕事の方が楽」は本当

「子育てより仕事の方が楽」なのは本当だと思います。

仕事は自分の努力で最適化されます。会社に行けば自分の席があり、同僚とお話したり、協力し合うこともできます。働いた分だけ感謝され、お給料が振り込まれます。

一日中子どもと向き合っているよりも、働き始めてからの方が心身ともに疲れません。

仕事中は子どもを保育園に預けられるので、その間は保育士さんに子どもを見てもらえますから。

たくさんの大人が子育てに関わってくれるようになったことで、精神的、肉体的な負担が減ったのだと思います。

子育てほど大変な仕事はないし、保育士ほど立派なお仕事はないと思いますね。

子育てはワンオペでやるものじゃないね!!

ワンオペ育児に疲れているときに本など読んでられないかもしれませんが、この本は「よく言ってくれた!」という内容。ワンオペ育児はまさに「ブラック企業」!