家づくり

ニトリのオーダーラックが隙間収納に便利。スタディスペースの下に電話台を作ってみました

ニトリのオーダーラックを購入してみたところ、やっぱりよかったです。

この記事では実際にニトリのオーダーラックを買った感想を書いていきますね。

オーダーラックを買った目的はスキマ収納&電話台

わが家はスタディスペース。

リビングの真ん中にあるのに電話線をつけてしまったため、コード類がゴチャゴチャでした。

コードがグチャグチャのスタディスペース

スタディスペースの上に置いてある電話機がとにかく邪魔。

「カウンターの下にピッタリ収まるラックがほしい!」

カウンターの下に小さなラックを置いて、そこに電話を置いてしまう作戦。

かなり狭いスペースなのでピッタリ収まるラックがなかなか見つかりませんでした。

ネットで幅が1センチ単位で選べる「オーダーラック」なるものを発見。

いろいろなメーカーのオーダーラックがありますが、ニトリで注文してみることにしました。

ニトリのオーダーラックの注文方法

f:id:mamu311:20180924214334p:plain

オーダー収納特集-オーダーラック | ニトリ公式通販 家具・インテリア・生活雑貨通販のニトリネット

オーダーラックの注文方法はとても簡単。

店舗では注文を受け付けていないので、ネットからの注文のみです。

STEP1 タイプを選ぶ

まずはタイプを選びます。

  1. 標準タイプorタフタイプ
  2. 扉ありor扉なし
  3. 突っ張り棒ありorなし

3つの項目からそれぞれ好きな方を組み合わせます。

わが家は「標準タイプ・扉なし・突っ張り棒なし」を選びました。

STEP2 奥行きを選ぶ

奥行きは4パターンからひとつ選びます。

  1. 19cm
  2. 31cm
  3. 40cm
  4. 46cm

わが家は「31cm」を選びました。

STEP3 幅を選ぶ

標準タイプは15cm~70cmの間で自由に選べます。1cm単位で好きな幅を設定できます。

わが家は「23cm」にしました。

STEP4 高さを選ぶ

高さは10パターンから選ぶことができます。

  1. 49cm
  2. 60cm
  3. 70cm
  4. 80cm
  5. 88.1cm
  6. 117cm
  7. 135cm
  8. 149.9cm
  9. 178cm
  10. 200cm

わが家は「60cm」を選びました。

STEP1~4までを選んでいくと、商品のサンプル画像が表示されます。

ニトリのオーダーラックの注文画面

金額は6383円(送料なし)

さすがはニトリ、安いです。

カラーは10種類のうちからひとつを選択します。わが家は「ナチュラル」

f:id:mamu311:20180924214345p:plain

7月30日に注文して、翌日に配送日のお知らせメールが来ました。

配送日は8月25日。注文から商品が到着するまでには約1カ月かかりました。

オーダーラックを組み立ては10分で完成

オーダーラックの部品は佐川急便にて到着。

ニトリのオーダーラックの到着画像

中に入っていたのは

  • 木のパーツ
  • 部品類
  • 説明書
ニトリのオーダーラックに入っていたもの

木製ジョイントをトンカチで打ち込み。トントントン…

木製ジョイントを打ち込む

木の板はビスで固定します。プラスドライバーをくるくる…

ビスをプラスドライバーで固定

ビスで留めたのは全部で4か所。

ビスをプラスドライバーで固定

10分で外枠が完成しました。

外枠が完成

内側。穴が開いていて、移動棚が動かせるようになってます。

オーダーラックの内側

ビスを留めたところはシールで隠します。

ビスをシールで隠す

ここまでで完成なのですが、わが家はちょっとした細工を。

糸鋸で裏の板をカットしてしまいました。

裏版をカット

じゃーん!わが家仕様の電話台が完成しました。

ニトリのオーダーラックで電話台

わが家のスタディスペースの下にこのように設置しました。

ニトリのオーダーラックをスタディスペースの下に設置

裏板をカットしたのはコードを通すためです。

コード類は白い布で隠してみました。

オーダーラックビフォーアフター

どうでしょう?

無理やり隠した感あるかも・・・?

でも、とりあえずコードは隠れたし、電話は置けました。よかったです。

わりと木目もキレイで安っぽく感じられないですね。さすがはニトリ、今回もお値段以上でした。

こちらの記事は以上で終わりです。

記事についてはリンクリーなので、ほかのブログなどで紹介してもらえると嬉しいです。

また、意見や質問がありましたらコメント欄に気軽に書き込んでくださいね。

この記事のURLとタイトルをコピーする