子育て・共働き

家事の時短テクなら、本間朝子氏の「家事時短の楽しい小ワザ88」が最強。ズボラ主婦が実践してみた。

こんにちは、ユウリです。

家事ってめんどくさいですよねぇ。あー、家事やりたくない!という方におすすめの本があります。

本間朝子氏「幸せを呼ぶ家事時短の楽しい小わざ88」がすごい

久しぶりにすごい本を読みましたー!本間朝子氏のという本ですが、これはすごい。私のような超ズボラ主婦にでもすぐに実践できそうな家事の時短テクが88個も書いてあるのですよ。

「家事 時短」とかでググっても絶対出てこない目からウロコの技が書いてありますね。著者の本間朝子氏は「知的家事プロデューサー」として雑誌やテレビにも出演されてるようですが、これはまさに「知的家事」です。

88個の技はどれも参考になるものばかりですが、私にとって特にこれはやってみたいと思えたものを実践してみました。こういうのってブログに書いて実践しないと読んだだけで満足になっちゃうんですよね。

以下、ネタバレ注意ですよ。

小ワザを実践してみた

歯磨き用コップを吊るしてヌルヌル防止

フックにかけて吊るすと、掃除のときにいちいち持ち上げなくて済むし、底辺がヌルヌルにならない。同じように、お風呂の風呂桶も吊るすと底面のヌルヌル防止になるらしい。

 入浴剤代わりに重曹を使う

重曹をひとつかみ浴槽に入れて入浴するとよく温まるうえ、湯垢がつきにくくなる。毎日湯船をお風呂用洗剤で洗うのが大変なので、たまには重層風呂でいかも。

クイックルワイパーは一度に5枚セット

クイックルワイパーを休日にまとめてセットしておけば、使い終わった後にセットし直す手間が省ける。

1枚使い終わって剥がしても下に新しい紙をセットしてある♪紙を両面使えないのがデメリットかな。

冷蔵庫の野菜室に新聞紙を敷く

野菜くずが溜まりやすい底面に新聞紙を何枚か敷いておき、汚れたら一枚抜き取っていくだけで、キレイをキープできる。うちは新聞を取ってないのでコープのカタログを敷き詰めてみた。

炊飯器で米と一緒にゆで卵、ゆで野菜

炊飯器でゆで卵

炊飯器に、米と一緒に卵を入れればとゆで卵、じゃがいもやさつまいも、カボチャを入れれば蒸し野菜ができる。入れるときはアルミホイルに包む。

ホントだ〜!ホクホクのじゃがいもとゆで卵ができた!

キュウリとハムを加えてポテトサラダを作ってみた。

パンと一緒にソーセージを焼く

オーブントースターでパンを焼きながら野菜やソーセージを一緒に焼く。おなべとかフライパンの洗い物が出なくて便利!

カレーベースをいろいろな料理に発展させる

豚肉、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎを、塩と酒を少々加えて柔らかくなるまで煮る。

ジップロック等に入れて冷蔵庫で保存し、いろいろな料理にリメイクする。たとえば、和風だし、しょうゆ、みりんを加えて肉じゃが。コンソメを加えてポトフ。一気に調理しちゃうとホントに楽!ちなみに冷凍保存はNG。

おかずホットケーキ

おかずホットケーキ

ホットケーキミックスに野菜ジュース、ハム、コーン、チーズなどを混ぜて炊飯器で炊く。カットしてラップでくるんで冷凍庫へ。2歳の息子に少しでも野菜を食べさせられる超簡単メニューが気に入った!

Evernoteでマイレシピブックを作る


保存したいレシピがあったら、料理本はカメラで撮影、レシピサイトはスマホでスクショしてEvernoteに貼り付けて保存。レシピには料理名、食材、料理の種類などのキーワードを入力し、レシピ検索できるようにする。

なるほど!Evernoteにレシピを保存しておけばいちいち料理本を開いたり、ググったりする必要がないのだ!これは便利♪

実践してみた結果、家事が楽しくなった

やってみて分かったんですが、「めんどくさいなー」と思ってなんとなくやっていた家事を頭を使って効率的に楽しくやろう!という発想なんですね。

本の内容は、収納編、掃除編、料理編の3つから構成されています。個人的には掃除編と料理編が参考になったので、掃除と料理のテクニックを実践してみましたが、収納テクもたくさん載ってますよ。

家事がめんどうくさくて嫌いな方や家事初心者の方におすすめの本です。

関連記事