ハウスメーカー選び

知識ゼロからハウスメーカーで家を建てるとき読んでよかった本6冊

「家を建てたい!」

そう思い立っても、だれもが家づくりをするのなんて初めて。

わが家もなにから初めていいのかサッパリ分からない状態で家づくりをスタートしました。

家を建てる機会なんて人生に一度しかない人がほとんどです。絶対に失敗したくないに決まっています。

さて、知識ゼロから家づくりをスタートするときに、私が読んで参考になった本を6冊ご紹介します。

ちなみにこの記事を買いているのは妻・ユウリ(33歳)ですので、アラサー子持ちの主婦目線でのセレクトになります。

 

 

住宅展示場に行く前に一読を 「はじめていえをたてました」

 

 

住宅展示場を回る前に読んでおくと超役に立つ本。ふつうの夫婦が知識ゼロからハウスメーカーで家を建てる体験記を漫画にしたものです。

漫画なのでスイスイ読めるし、めっちゃ分かりやすい!

営業マンとのやりとりのエピソードとかは「あるある~~」とうなずきながら読みました。

ハウスメーカー選びの失敗談や工法(木造軸組とか鉄骨とか)の説明まで分かりやすく説明されていて、これから始まる家づくりのイメージができます。

何も分からない人はこれだけは読んでおくといいですよ!

 

ハウスメーカー選びの参考になる 「絶対に後悔しないハウスメーカー選び」

 

ホームインスペクションの方が書いた本です。

ホームインスペクションとは「ハウスメーカーが建てた住宅に欠陥がないか、第3者の立場からチェックするプロフェッショナル」です。

業界の裏話的なことも書いてあったり、ハウスメーカーを名指しでぶった切っているのでかなり読み応えがあります。

「パナホームの営業トークには騙されるな。住友林業は発注ミスが多くてアフターも悪い。」とか、そこまで書いていいんかい!みたいな。

ちなみにこの本の中で評価が高いハウスメーカーは、①三井ホーム、②ヘーベルハウス、③積水ハウスでした(笑)

自分の目で実際にハウスメーカーを見て回って、こちらの本の評価とのズレはなかったので、かなり信憑性はあると思います。この一冊を読んでおくと営業トークに騙されなくて済むかも。

 

家のコストにて知ろう 「トクする家づくり 損する家づくり」

 

本当にいい家とは何かを考えるときにひとつの指標となる本です。簡単にいえば、住宅の気密性と断熱性が超大事ですよというお話です。

家を建てるときって、ついついイニシャルコスト(購入価格)ばかり気にしてしまうと思うんです。

でも、家は30年以上住み続けることになるので、ランニングコストのことも考えておかないと30年間の総コストでは損をしてしまうかも!?

機密性と断熱性が高い住宅は、健康に良く、冷暖房費などの光熱費のランニングコストの削減になるのだそう。

家の性能とは何かが分かりやすく説明されているのでおすすめです。

余談ですが、この本の観点から家を選ぶと、一条工務店がいちばん性能がいい家ってことになりそう。一条工務店の高断熱、高気密は他のハウスメーカーと比べて群を抜いてますからね。

 

 

ハウスメーカーとの契約前に一読を「マイホーム建築の罠」

 

こわいタイトルすぎますが、いたって真面目な本です。

要はハウスメーカーとの契約前に見積書の中身と契約書はしっかりチェックしておこうねということが書いてあります。

そんなの当たり前のことなんですが、実際に見積書の中身を細部までチェックしてない人って多いと思うんです。

見積書の中身を確認しないでざっくりプランで契約⇒契約後に大幅金額アップ!

・・・となってしまってもあとの祭りですよ。

営業マンの口車に乗せられて悪質なメーカーと契約しないためにも一読を。見積書と契約書のチェックポイントもまとまってます。

 

間取り作成に役立つ「住まいの解剖図鑑」

 

 

こちらの本はたくさんのブログで紹介されているベストセラーです。

読みましたが、間取り作成のときにすごく役立つ!

文章だけでなく、ゆるいイラストが描いてあって読みやすいです。

私はこの本から取り入れたことがいくつもあります。

たとえば、リビングに設けた「ママスペース」という名のカウンター。ママがパソコンを使ったりするときにも使ってますが、子どものお勉強スペースとしても利用してます。

片づけやすい家にするためにどこに収納があったら便利なのかといったことも、この本を参考にしました。

続編「片付けの解剖図鑑」という本もすごくよかったですね。このシリーズはとにかくグッド。設計士さんと間取りの打ち合わせをする前に一読をおすすめします。

 

カリスマ主婦のライフスタイル本「ほんとうに必要なものしか持たない暮らし」

 

アメブロのトップブロガーyukikoさんのブログの書籍化です。

Amazonのレビューがよかったので読んでみたんですが、思ったよりもずっとよかった!

yukikoさんのお家は一条工務店で建てたそう。ハウスメーカーは違えど、そのお家をスッキリキレイに保つ技はとても参考になりました。

わが家でもいくつか真似させてもらってます。

たとえばリビングの大開口窓のカーテンは、表紙のカーテンと似たものにしたり。メイク道具の収納や洗濯物を干すハンガーもこちらの本で紹介していたものを使ってます。

カリスマ主婦のライフスタイル本がこんなに役に立つとは思いませんでした。こちらの本かなり売れたそうですけど納得です。

また新たに本を出されたとのことで購入しました。こちらは新居で暮らし始めたあとに読んでみると楽しい本ですね♪

 

以上、家を建てるときにおすすめの本6冊(+1冊)をご紹介しました。 参考になれば幸いです!