マネー・節約

auアップグレードプログラムは損なので即刻解約するべき

コウです。

わが家は夫婦ともにauを7年間使っていました。

私が知らない間に妻がauショップにひとりで生き、店員に勧められるままにアップグレードプログラムなるものに契約してしまいました。

後からアップグレードプログラムについて調べると、このままだととても損をすることに気が付きました。

au携帯電話の契約、アップグレードプログラムがどれだけ無駄であるかを書いていきます。

アップグレードプログラムとは

アップグレードプログラムの内容

アップグレードプログラムはau公式の説明によると次にようになります。

対象機種のご購入時に、「アップグレードプログラム」にご加入いただき、かつ機種代金を割賦契約(24回)いただくと12カ月間ご利用後、新たな機種に変更した際に、それまでご利用いただいた端末の分割支払金残額の一部(最大7カ月分)を実質無料とするサポートプログラムです。

 

うーん、いまいちよく分かりませんね。

図を用いて説明すると次のようになります。

まずアップグレードプログラムを利用するためには端末代金を分割で支払う必要があります。

アップグレードプログラムの利用で得られる利益と費用は次のようになり、ここの比較が大事です。

 

利益

分割支払いの端末代金が最大7カ月分不要

 

費用

①プログラム料金が毎月かかる(300~円×12カ月)

②13ヵ月~18ヵ月目の間に機種変更すると前倒し利用料(2000円)がかかる

③機種変更のときに古い端末はauにタダで回収される

 

アップグレードプログラムは3種類

アップグレードプログラムには3種類があります。

購入する機種によってプログラムが異なります。(iPhoneの場合はすべてのプログラムを利用できます)

分割月数最大免除月数プログラム料金通信プラン毎月割
アップグレードプログラム(無印)24ヵ月7ヵ月300円/月データ定額プランのみあり
アップグレードプログラムEX48ヵ月24ヵ月390円/月ピタットプラン・フラットプランのみなし
アップグレードプログラムEX(a)24ヵ月12ヵ月390円/月ピタットプラン・フラットプランのみなし

 

auショップでは3つのプランの違いを説明されることなく、どれかに入れられていると思います。妻はEXに入ってました。今の一押しはEXのようです。

ちなみに、ただの「アップグレードプログラム」はわかりやすくするために「アップグレードプログラム(無印)」とします。

アップグレードプログラムの3つの落とし穴

アップグレードプログラムを利用すると、次の3つの落とし穴があります。

  1. 毎月割がない
  2. 機種変更時に旧端末はタダで回収される
  3. 機種変更クーポンが使えない

 

落とし穴① 毎月割がない!端末代値引きの先送りをされている状態

 

アップグレードプログラムEX/EX(a)は毎月割がありません。

毎月割とは端末代金を毎月いくらか割引きするものです。

(例) iPhoneXSの256GBの場合

  • 毎月割の金額は月2,710円。毎月の料金から▲2710円割引
  • 最大24ヵ月利用できるため、最大2,710円×24ヵ月=65,040円端末代が安くなる

 

アップグレードプログラムEX/EX(a)はこの毎月割がない代わりに、機種変更のときに端末代を割引くようになっています。

ある意味、端末代値引きの先送りの状態となっています。

コウ
コウ
ユーザーをauに縛り付けておくためのものなので、途中でauを解約して格安SIMに乗り換えようとする人は絶対に損します

 

※アップグレードプログラム(無印)なら毎月割があります。しかし、通信量が少ない人にとってはピタットプラン・フラットプランを選択する方が通信料を減らせるので、アップグレードプログラムEX/EX(a)を選ぶことになります。auショップ店員もEX押しです。

 

落とし穴② 機種変更時に旧端末はタダで回収される

アップグレードプログラムを利用して機種変更すると、古い端末はauがタダで回収してしまいます。

通常の機種変更の場合は、古い端末は下取りに出したり、メルカリで売ったりできますよね?

アップグレードプログラムを使わずにauで機種変更する場合でも下取り割引があるのに、アップグレードプログラムを利用すると古い端末タダでauに回収されてしまうんです!

コウ
コウ
auの店員はアップグレードプログラムを使って機種変更すれば端末の残金が無料になることだけを説明すると思います。古い端末が無料で回収されるなんて、妻も説明されなかったようです

 

落とし穴③ 機種変更クーポンが使えない

アップグレードプログラムを利用しない場合、機種変更の時期になるとauから機種変更クーポンがSMSで送られてくるって知ってました?

アップグレードプログラムを利用して機種変更すると、この機種変更クーポンが使えないんです!

この機種変更クーポン、いくらだと思いますか?5千円~1万円です。が、わが家は裏技を使って32,400円もらいました。

わが家の使った裏技とは?

auお客様センターへ連絡し「ほかの会社に乗り換えるのでMNP番号の予約をお願いします」と伝えると、引き止め策としてauから機種変更クーポンがもらえました。

機種変更時期にauからもらえるクーポン券は5千円~1万円くらいなので、わが家がもらったクーポン券はかなり高額ですね。

 

アップグレードプログラムにすると4万円も損!

それでは実際にアップグレードプログラムを利用した場合と利用しない場合の料金比較をします。

【シミュレーション設定】

  • 料金の設定:iPhone8 256GB → iPhoneXS 256GBに機種変更
  • アップグレードプログラムが最も有利な13ヵ月目に機種変更する

 

当初端末の購入~13ヵ月目での機種変更までにかかる費用をシミュレーションするとこうなります。

 

①アップグレードプログラムなし、データ定額プラン

通信料端末代
スーパーカケホ2,980円旧端末代金109,680円
LTE NET300円毎月割2,670円/月×12ヵ月▲32,040円
データ定額34,200円旧端末下取料▲33,480円
合計(月)7,480円機種変更クーポン▲32,400円
新端末代金136,000円
①合計(12ヵ月)89,760円②合計147,760円
①+②総計237,520円

アップグレードプログラムを利用しないプランの費用はトータル237,520円です。

②アップグレードプログラム(無印)利用

通信料端末代
スーパーカケホ2,980円旧端末代金109,680円
LTE NET300円毎月割2,670円/月×12ヵ月▲32,040円
データ定額34,200円アップグレードプログラム料300円/月×12ヵ月3,600円
アップグレードプログラム▲31,990円
前倒し利用料2,000円
合計(月)7,480円新端末代金136,000円
①合計(12ヵ月)89,760円②合計187,250円
①+②総計277,010円

アップグレードプログラム(無印)は通信料は①のケースと同じです。

違うのは、旧端末の下取り料と機種変更クーポンの値引きがないこと。

その代わり、アップグレードプログラム利用による値引き31,990円(109,680円÷24ヵ月×7カ月)があります。

でも、トータル4万円の損です。

③アップグレードプログラムEX/EX(a)利用

通信料端末代
auピタットプラン(スーパーカケホ/V)2,980円旧端末代金109,680円
LTE NET300円アップグレードプログラム料390円/月×12ヵ月4,680円
auピタットプラン(データ/V)2,700円アップグレードプログラム▲54,840円
合計(月)5,980円新端末代金136,000円
①合計(12ヵ月)71,760円②合計195,520円
①+②総計267,280円

 

データ定額プランと比べて毎月の通信料は安くなります。

が、端末代の値引きがアップグレードプログラム利用による54,840円(109,680円÷48(24)ヵ月×24(12)カ月)だけなので、端末代が高いです。

トータル3万円の損です。

 

①~③のケースの比較 4万円もの差が出る結果に

①~③のケースについて総額で比較します。

機種変更までの総額
①アップグレードプログラムなし237,520円
②アップグレードプログラム(無印)277,010円
③アップグレードプログラムEX267,280円

 

アップグレードプログラムを利用して機種変更すると

  • アップグレードプログラム(無印)利用のケースでは4万円の損
  • アップグレードプログラムEX/EX(a)のケースだと3万円の損

となります。

アップグレードプログラムの契約をしても、アップグレードプログラムを使わないで機種変更した方が3.5万円安い

アップグレードプログラムの契約をしても、アップグレードプログラムを利用しないで機種変更をすることができます。

妻はアップグレードプログラムに入っていましたが、アップグレードプログラムを利用しないで機種変更しました。

どういうことかというと、

  • 旧端末をauにタダで回収させずに、下取りに出す
  • 機種変更クーポンを使う
  • その代わりアップグレードプログラムによる旧端末代の値引きを適用しない

 

結論から先に書くと、アップグレードプログラムに入っていても、アップグレードプログラムを利用しないで機種変更をした方が3.5万円端末代が安くなります

アップグレードプログラムに入っておきながら、アップグレードプログラムを利用しないほうが得をするなんてアップグレードプログラムは無駄としか言いようがありません。

 

上の例で、②と③のケースでアップグレードプログラムを利用しないで機種変更をした場合の端末代の比較をしみましょう。

②でアップグレードプログラムを利用しないで機種変更

端末代(プログラム利用)端末代(プログラム利用しない)
旧端末代金109,680円旧端末代金109,680円
毎月割2,670円/月×12ヵ月▲32,040円毎月割2,670円/月×12ヵ月▲32,040円
アップグレードプログラム料300円/月×12ヵ月3,600円アップグレードプログラム料300円/月×12ヵ月3,600円
アップグレードプログラム▲31,990円旧端末下取代金▲33,480円
前倒し利用料2,000円機種変更クーポン▲32,400円
新端末代金136,000円新端末代金136,000円
①合計187,250円②合計151,360円
②合計-①合計▲35,890円

アップグレードプログラムによる値引きがなくなった代わりに、旧端末下取代金と機種変更クーポンの値引きが使えるため、総額で35,890円も負担が軽くなります。

③でアップグレードプログラムを利用しないで機種変更

端末代(プログラム利用)端末代(プログラム利用しない)
旧端末代金2,980円旧端末代金109,680円
アップグレードプログラム料390円/月×12ヵ月4,680円アップグレードプログラム料390円/月×12ヵ月4,680円
アップグレードプログラム▲54,840円旧端末下取代金▲33,480円
新端末代金136,000円機種変更クーポン▲32,400円
新端末代金136,000円
①合計195,520円②合計184,480円
②合計-①合計▲11,040円

アップグレードプログラムによる値引きがなくなった代わりに、旧端末下取代金と機種変更クーポンの値引きが使えるため、総額で11,040円も負担が軽くなります。

コウ
コウ
つまり、「アップグレードプログラムによる割引」よりも、「旧端末の下取り料+機種変更クーポンの割引」の方が大きいので、アップグレードプログラムを利用すると損をしてしまうんです

アップグレードプログラムを解約する方法

このように、無駄としか言いようのないアップグレードプログラムはすぐに解約しましょう。

解約はインターネットですぐできます。

インターネットでの解約方法

① ご利用端末より「オプションサービス変更(My au)」へアクセスします。
▼オプションサービス変更(My au)はこちら

② ページをスクロールし、アップグレードプログラムの「廃止する」にチェックを入れ、ページ最下部の「同意して次に進む」をタップします。

③ お申し込み内容を確認し、登録完了のお知らせ方法を選択します。
内容に問題がなければページ最下部の「この内容で申し込む」をタップします。
以上でお手続きは完了です。

au公式サイトより引用。アドレス:https://www.au.com/support/faq/view.k16122135059/

解約は電話でもできます。

連絡先:KDDIお客さまセンター
au携帯電話から:157
au以外の携帯電話・一般電話から:0077-7-111

まとめ アップグレードプログラムを利用して得をするケースは皆無

アップグレードプログラムを利用して得をするケースというのは、

  • 機種変更時に旧端末の下取価格が0円に近い
  • 機種変更クーポンが全くない

 

という場合だけです。

端末の下取価格の低下はiPhoneなら通常考えられません。メルカリで売れば5~6万円で売れるので、シミュレーションよりもさらに得ができます。

機種変更クーポンが今後全くなくなるということも考えられません。

つまり、アップグレードプログラムを利用して得をするケースは現時点では皆無と言っていいと思います。

アップグレードプログラムについて、すでに契約してしまった人はすぐに解約し、これから契約する人はショップ店員の言うまま契約しないように気を付けてください。

わが家ではこれからauをやめてマイネオを利用する予定です。

マイネオに移行することで、1人当たりの通信料が5,980円/月→2,360円/月と3,620円/月、1年間で43,440円も携帯電話料金が安くなる予定です。

そちらについてはこれから記事を書いていきますね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。